パチンコ業界で最も古いWEB日記 since 2001/12/23


動画はHDDを食うね・・・
PC本体のHDDは2TBあるのでまだ余裕なんだけど、動画撮影を始めてからというもの凄まじい勢いで減っていってる。

バックアップ用の外付けHDDは1TBなので限界間近。

ということで大容量の外付けHDDを探していたら、Amazonより1,500円くらい安いショップを発見。NTT-Xストア。以前からわけの分からない掘り出し物や、ガッツリ値引くチケットを配布してたけど、利用したことはなかったのよね。



3TBなのに送料込み消費税込みで8,480円w

おそらく中身はシーゲートなので不良品ロシアンルーレットなんだろうけど・・・。以前、マーシャルとかいうショップブランドのHDDを買って、たった1ヶ月でご臨終したことがあった。安いHDDは怖いよ本当。

コメント【comments(5)】/【パソコン】/ 記事へのリンク【14:38







Apple vs Panasonic 12インチモバイル対決
【購入前】

Apple MacBook (´ ゚∀゚)


Panasonic Let's Note ('A`)




【購入後】

Apple MacBook ('A`)




Panasonic Let's Note (´ ゚∀゚)


コメント【comments(0)】/【パソコン】/ 記事へのリンク【03:11



シャープMZ2000を見たら思い出がブワッと来た

シャープのマイコンMZ2000をヤフオクで発見。18,000円ならちょっと欲しいかもと思ったら、まさかの漬物石。電源は入らないそうです(´・ω・`)

シャープはMZシリーズの他に、テレビ事業部が作ったX1シリーズを持っていて。モニタをテレビとしても使え、スーパーインポーズのできるX1はあっという間に人気機種となったのよね。

NECのPC8801SR、シャープのX1turbo、富士通のFM77AVあたりが、8ビット高級機種の人気商品だったと記憶しています。勢力は魏・呉・蜀って感じ?


マイコンベーシックマガジンの編集部を訪ねて、五反田の電波新聞社まで行った、10歳の私(゚ーÅ)ホロリ



当時から「比較」が大好きで。マイコンでのプログラムより、マイコンのカタログを集めて比較してた。当時の一押しは、ソニーのSMC777でした。



そういやあの頃ってやたらと行動的だったんだよね。セガエンタープライゼスも住所調べて行ってるんだよ。北浦和の奥から京急大鳥居まで。

まさか30年後、同じ区内に住むとは思いもしなかったけどw


コメント【comments(4)】/【パソコン】/ 記事へのリンク【17:18



9万円以上したポータブックが
真面目なのにエッヂを効かせすぎたコンセプトにより未来から帰ってこないような商品は大好きです。

キングジム ポータブック クロ XMC10
低性能のCPU、2GBしかないメモリ、ストレージはたったの32GB。わずか8インチの液晶、しかも低解像度。無骨で厚ぼったいデザインに、大して軽くもない本体。

誰がどう考えたって、中国製のWINタブレットにBluetoothキーボードをくっつけた方が正しい選択だ。

だけど!
だけれども!
このバタフライキーボードな!
かつてThinkPadにあった、あれな!





国産メーカーはどこも、ストライクゾーンへ置きに行くような球ばかり投げる。最大多数の最大幸福? 違うやろ。企画が通らないとか、失敗したときに干されるとか、そんな理由やろ。

もはや東芝にもNECにも富士通にも、正直なところVAIOにさえ期待しなくなった矢先、文具メーカーのキングジムから、やんちゃ坊主みたいな機械が出たわけよ。




9万円以上したポータブックも、ヨドバシカメラの投げ売りに端を発した値引き競争により、なんと2万円ちょっとで買えてしまう。

かつてASUSのタブレット&キーボードを使ってみたものの、セッティングするのって、案外手間なんだよね。Bluetoothも突然切れたりするし、色々といじってるうちに壊してしまった_| ̄|○

だけどポータブックなら、当たり前だけど切れたりしない。セッティングの手間も不要。Win10というクソOSですし、32GBは本当にキツいけど、ああ欲しい。久し振りの物欲番長。なんつったって私、キングジムの株主だしな!



そういえばVAIOにはかつてPシリーズという、すぐに終わってしまった機種があります。タブレット時代を先取りするような、むしろ今出せばヒットするんじゃないかという商品。


・・・こっちがいいな(えー

確か、低スペックなのにWin VISTAを搭載し、高精細すぎて小さい画面では見られず、実用に耐えられないって話だった。二代目はWin7だったはずだけど、ちょっと探してみるか。



=追記=
5万円もした_| ̄|○

コメント【comments(4)】/【パソコン】/ 記事へのリンク【11:19



MS-IMEに戻ってしまう 消したい
WINDOWS10の勝手にアップデートは、色んなところで苛立たせてくれます。直近では、ATOKではなくMS-IMEになってしまうこと。

日本語変換はメインにATOK、サブにGoogle日本語入力を使っておりまして。MS-IMEの出番は全くありません。お馬鹿なコイツを消したい。


コンパネ開ければ、【言語】→【オプション】→【MS-IME(削除)】で簡単。

コンパネの開き方が分からない方は以下の手順で。


まず、左下のウィンドウズマーク(電源を落とすときに使う「」みたいなマーク)をクリック。画像を参考に【設定】をクリック。



【時刻と言語】をクリック。



【地域と言語】→【日付、時刻、地域の追加設定】→【言語・入力方法の変更】とクリックしていきます。



【オプション】をクリックすると、インストールされている日本語入力アプリがズラッと並びます。MS-IMEの【削除】をクリックすればOK



自分の場合は、もう何年もATOKを使っているため、辞書が完全に自分仕様となっています。だから他の変換ソフトは使えない。Google日本語入力は時事ネタに強いのでたまに使うかな。

MS-IMEを賢くする方法もあるらしいんですけど、一度ついてしまったイメージはなんとも代えがたいもので('A`)
コメント【comments(0)】/【パソコン】/ 記事へのリンク【00:29