パチンコ業界で最も古いWEB日記 since 2001/12/23


毎日新聞「科学的な安全より感情的な安心を重視せよ」


この考え方を突き詰めれば、安心感さえあれば安全じゃなくても構わないへと容易に転化し、大企業による不良品販売を肯定する結果になる。

暮しの手帖は怒っていいと思うぞ(`・ω・´)





コメント【comments(4)】/【経済】/ 記事へのリンク【00:26







日産自動車 企業CM
♪トゥルットゥール トゥットゥットゥルットゥールゥ



日産自動車の企業CMなんですけど、知ってる人は40歳以上('A`)

土曜日の夜に流れていたため、当時の小中学生への認識率は大変な高さだと思います。

これ、実は歌詞がある。




世界の恋人
作詞・野上 彰/作曲・芥川 也寸志

山並み遠く晴れて あなたを呼んでいる
爽やかなそよ風 きらやかな青空も
夢と望みを 乗せて走りゆく
日産その名は今 世界の恋人

幸せ乗せて走る 楽しい幸せを
日産その名は 世界の恋人

THE 昭和という感じですけど、事実昭和40年、1965年の楽曲。

世界に打って出るぞ感ハンパねえ

高度経済成長ど真ん中。燃え上がる意志を感じるじゃありませんか。消費者に向けて、社員に向けて、直球ストレート投げ切ってますわ。




こちらは高度経済成長終了後、1980年、昭和55年のCM。日産の車が4大自動車賞を独占した、ラリー選手権では日本車で初めて2位になった。そう、我々の技術は日本一、いや、世界に通ずるのだと。


これらのCMから受ける「熱」って、伝わりますよね。

当たり前の話で、この頃、大企業の上層部には、戦争でリアルにアメリカと戦った人達がいた。銃剣を手に、圧倒的な劣勢でも戦い続けた男達が、民間企業を成長させ、世界一へと押し上げたわけさ。

「戦争は負けたが技術では負けん」「日本は必ずお前らを倒す」「対等な条件なら絶対に勝てる」と攻め続けた。鬼畜米英なめんじゃねえよと。


こういった前向きなCMばかりだと、なんやしらんけど日本企業はすげーな、日本すげーなと、否応なしに自信を持てる。

最近のCMはとても洗練されているけれど、燃費燃費アンド燃費じゃないですか。もちろん燃費も大切だけど、もうちょっと泥臭い格好良さを見せてくれよと。


バブル崩壊後に坂道を転げ落ちた日産自動車だけど、それはまさに戦争世代の引退とリンクしていたようにも思いますね。

「世界の恋人」には、今の日本に必要なものが凝縮されてるんじゃないかな。



→【現在、ブログの多くは別館に投稿しています
コメント【comments(4)】/【経済】/ 記事へのリンク【01:44



未来は、買える(買えるとは言ってない)
トヨタのプリウスPHV。


一枚の写真を見ただけで、子供の頃に抱いた胸の高鳴りを覚える。

太陽光だけでどこまでも行ける未来は、近いうちに必ずやってくる。そう思わせてくれるだけで、もう半分以上満足してるんだよね。未来は過去からつながっている、希望だ。

コメント【comments(0)】/【経済】/ 記事へのリンク【23:20



プレミアムフライデー?
つまり「半ドン」か。

とりあえず、日本橋の居酒屋は死ぬほど混んでた。

まずは公務員で導入→公務員相手の大手企業が導入→中小企業が導入、という波及ルートを辿れば浸透すると思う。逆は絶対にありえない。

コメント【comments(8)】/【経済】/ 記事へのリンク【17:29



ケンコートキナーのすげえ充電器


まじかこれおいおい未来か
コメント【comments(0)】/【経済】/ 記事へのリンク【17:24