パチンコ業界で最も古いWEB日記 since 2001/12/23


メーカーの失敗 ホールの失敗 認めないよ認めない


都内某所にて、またまたお酒。例の低玉単価化や、等価無制限は古いとか、パチンコ台の価値は稼働なんだよとか。


4時間半か。


おそらくね。稼働こそパチンコの価値、価格の正当性という点で、異論は無いと思う。利益を取りやすい機械だって、1週間で稼働終了してしまったら、それこそゴミでしょ。逆に、薄利であっても1年2年と動いたら、それは優秀機と言える。SISの貢献週を延ばそうというスペックもあるけれど、それはとりあえず横へ置いといて、稼働こそ価値という点において話を進める。




ホールに対しての疑問は一点だけで、「機歴でもないのに、稼働しない機械を買ってしまったのは、目利きとしての失敗ではないのか」ということ。


メーカーに対しての疑問も一点だけで、「稼働しない機械を作ってしまったのは、開発者としての失敗ではないのか」ということ。






もちろん、誰かの失敗を糾弾する問題じゃないし、そもそも私にそんな資格はない。ただ、10年以上にわたり続いている、メーカーとホールによる責任の押し付け合い。その根っこは、プロフェッショナルとしての高いプライドからくる、「互いに失敗を認めないカルチャー」なのではないか。




面白いもので。いや、面白くはないけれど、組合長さんと話してるとメーカー寄りのスタンスを取ってしまうし、開発さんと話してるとホール寄りのスタンスを取ってしまう。


どちらもプロフェッショナルとしてのプライドを持っているから、そもそも「説得」というのは不可能です。いつも言ってますけど、実現可能性のみを追求しなきゃいけない。


一人の打ち手として言わせてもらえるなら、責任論なんてどうだっていいんだから。面白い機械を一定の金額で長く遊べるなら、それで最高。


非力で知識の無い自分を情けなく思いつつ、美味しいお酒と焼き鳥を口にできる、今この瞬間の喜びを噛みしめたのでした。


コメント【comments(10)】/【業界】/ 記事へのリンク【00:47







Comment
まじめな内容なのに美味そうな写真で頭が一杯になりますた…(涎
二枚目のがハンパない破壊力です(涎
東京は美味そうな店が一杯あってええなぁ…(涎
from. いんちきパチプ / 2013/12/11 3:17 AM
自分じゃ打たない開発の人とか。
5万10万使っても全然問題のない高給取りのホール関係者とか。



from. GT−FOUR / 2013/12/11 8:10 AM
プチ・トマトに薄切りベーコン巻いた串か?
ミンチのつくねか?
私も涎が・・・。
信憑性・ガセの反対本物思考求めています。
本物の見分けに混乱します。(笑)
from. 婆ちゃん / 2013/12/11 11:46 AM
お疲れ様です
 とあるメーカーは取締役会議でSISの稼働は問題じゃない。
 売れた台数が台数が大事なんだとほざいたところがあるそうです
 所詮メーカー それはご存知ですか
from. すばる / 2013/12/11 3:13 PM
おっ!その串もの採用
新メニューにしよw

この責任の擦り付けは、
下手したらこの産業が今より半分になっても変わらない気がする。
それくらい深刻なものかと
from. 鳥冠 / 2013/12/11 5:43 PM
>いんちきパチプさん
2枚目の写真、なんと半生なんですよー。
表面をカリッと炙ってあります。美味かった!
from. 吉田 圭志(ボンペイ吉田) / 2013/12/11 9:24 PM
>GT−FOURさん
さすがに打たない人は少ないですけど、「いる」ってのが問題ですわね。

ちなみにGT−FOURさんは、どんな台を打つんですか?
from. 吉田 圭志(ボンペイ吉田) / 2013/12/11 9:25 PM
>婆ちゃん さん
右側はプチトマトにベーコンで大正解です【・∀・】

左側は、ササミで梅をくるみ、しそを巻いて焼いたやつです。これ、どうやって作るんだろう。しそを巻いて焼いたら焦げちゃいますよね?
from. 吉田 圭志(ボンペイ吉田) / 2013/12/11 9:27 PM
>すばるさん
ていうか、そういうメーカー、結構ありますよ。
経営者としては会社の数字こそ大切なわけで、稼働したかどうかはどうでもいい(という人もいる)

各社とも、創業者は「動いてナンボ」「ホールとの共生」を分かっていたらしいんですけど、今はマチマチですね。

そう考えると、榎本善紀さんの言った「稼働命」という方針は、間違っちゃいない。

ただ、SISの稼働を追うと、へんてこりんな機械になっちゃうんですよね。ぶっちゃけ、潜伏だらけで止められない機械なら、SIS上のアウトは伸びますから。
from. 吉田 圭志(ボンペイ吉田) / 2013/12/11 9:30 PM
>鳥冠さん
トマトの方はしっかりと塩味で、梅しその方は塩より梅の酸味で引っ張る形でした。

ここ1ヵ月ほど、ホールの方、メーカーの方と飲みまくりましたけど、温度差は以前より広がってるように感じます。
from. 吉田 圭志(ボンペイ吉田) / 2013/12/11 9:33 PM




他者のコメントや他サイトへの批判は削除対象となります