軍師はいらない


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

コメント【-】/【-】/ 記事へのリンク【】







レンタカーでアクアに乗った
長野のレンタカー。ネットでは空き無しだったんですけど、予備はあるだろうと訪ねたら、あった。ハイブリットカーは高いのに、なぜか1300ccクラスの料金で貸していただけることになりまして。

ちょうど前の日、相乗りの運転代行もアクアだった。後ろの席に乗って感じたのは、外観以上の圧迫感。私のようなデブでは後ろは厳しい・・・と思いつつも、現行のデミオと比べれば問題なしといったところか。



ふむ(。-`ω´-)

フロントガラスは燃費向上を目指した空力ゆえか、今まで運転したどの車よりも寝ており、普段運転するN-ONEはむしろ立っていることもあり、社内に押し込まれている印象を受ける。



内装はレンタカー用のベースグレードだからなのか、トヨタ車とは思えぬほど安っぽい。意図的にそのようにしてあるのだろうが、ハイブリッド入門車としては、いささかガッカリさせられた。



楕円形のハンドルは独特の操作感を与えてくれる。元々私はハンドルを少し下げて運転するため、低い取り付け位置はむしろ心地よかった。ただ、下部(写真矢印)に親指を引っかけて運転すると、プラスチックのつなぎ目部分が指の第一関節に当って若干不快。


長野道を安曇野まで飛ばしてみた。プリウスのような鋭さはないものの、クラスギリギリのパワーは感じた。しかしECOモードスイッチを入れると性格は一変する。これはダメだ。あまりにもアンダーパワーで、一昔前の軽自動車を運転しているような気分になる。

それまで2センチの踏み込みで加速を開始したエンジンが、3倍踏み込まねば速度を上げないという感覚。慣れればどうということはないのだろうが、キツイ上り坂の多い長野道では厳しいと感じた。


高めかつ短いボンネットゆえ車幅感覚を掴みにくい。サスペンションは柔らかく、突き上げがキツく腰を痛めたデミオに比べ「不快と感じる人の少ない柔らかさ」を実現している。

逆にハンドリングは圧倒的にデミオ。自分自身がレーンをトレースする印象を受けるデミオと比べ、アクアは「私と車は人と物の関係」だという、ある種の分断を感じてしまう。ただしそれは間違っているわけではない。実際に人と物の関係なのだから、間違ってはいないのだ。



とまあ、あれこれ書いてみたものの、全てどうでもいい。返却前のガソリンスタンドで、積み重なった不満は全て吹っ飛んだ。


127.1km/2.98L

42.65km/L


(´ ゚д゚)ポカーン


原付かよwww


叩き出された数字は驚愕の一言。いくら高速道路メインとはいえ、山道込みやぞ。信じられない。これがハイブリッドカー、これが最高燃費アクアの実力か。


返却の際、レンタカー会社のおじさんに「ガソリン減らなすぎてビビりました」と伝えたところ、ものすごく嬉しそうだった。

何か一つ飛び抜けた魅力を持っていると、他はもうどうでもよくなっちゃうなと、ある種この世の真理を教えてもらいました。

コメント【comments(0)】/【】/ 記事へのリンク【21:59



スポンサーサイト
コメント【-】/【-】/ 記事へのリンク【21:59



Comment




他者のコメントや他サイトへの批判は削除対象となります