パチンコ業界で最も古いWEB日記 since 2001/12/23


なぜ京楽はアレを作れたのか
名古屋で話題となりました。
開発者は転職したりしますので、京楽のみ天才集団ということはない。ほんの10年前は、かにえもん、仙人パラダイス、GOGOアニマルなんてのを作ってたわけで。

打てば打つほど感心させられる。
なんで16個もの図柄にOK出るの?
なんで左右違う図柄を撮影することにOK出るの?
なんで一時間に一回のコンサート演出は「ヤングマンタイムで結果出てるじゃん」と否定されないの?


やっぱ経営者?
でも榎本さんがマルホンの社長だったら、マルホンから出てた?
学ラン着せられてなかった?
エサカマサミになってなかった?

そもそも10万台以上で損益分岐なんて無理だろって話。

京楽機から感じる「全社一丸」は、どのようにして生まれ、育ったのか。なぜ他社には生まれないのか。これだけで一冊の本になりそうだ。


京楽がやってるのは、分担
他社がやってるのは、分業

役割を分けるのは、分担
作業を分けるのは、分業

負担を分かち合うのは、分担
範囲内で負担するのは、分業


CSをかけた9月のスワローズとカープを思い出すんですよ。ピッチャー大竹がピンチの時、カープの選手達は各自のポジションをしっかり守った(分業)

一方のスワローズは、宮本さん以下みんなマウンドへ集まり、英語を話せるわけではないのにロマンを取り囲み、今の状況を確認し合い励ました後、守備についた(分担)

この時、感じたんだよな。カープは今日の試合を勝とうと思っており、スワローズは今日の試合だけでなくCSや日本シリーズまで勝とうと思ってるなって。


そりゃ野球と企業は違うでしょうけど。分担体質だと、商品そのものをブランドを会社名を世に問うという目標を共有しているから、成功も失敗も一体となる。逆に分業体質だと、成功の果実を得た場合、みんな「俺のおかげ」と言い、失敗すると「アイツのせい」となりがち。つまり、目指す未来が違う。


もちろん、どのメーカーだって、分業と分担はあるでしょう。でも、資金力や開発者の才能に差はないけど、アウトプットされてきた商品は圧倒的な差となっているわけで、これはもう一朝一夕に追いつけるレベルじゃない。今から10年近く前、「稼働命!」と名刺に刷った気合いは、本物だったってことだ。


「榎本社長のカリスマ+プロデューサーのリーダーシップ+開発者のモチベーション=目指す未来の差」


どうだろ【´・ω・`】


コメント【comments(6)】/【メーカー】/ 記事へのリンク【13:07







Comment
まさしく究極の機械ですね。

版権を最大限に生かすということはこういうことだった。

どんな企画会議をしてきたのでしょうね。
他メーカーなら絶対に企画の段階で即NGされるような非現実的なアイデアが次から次へとOKになる。

もしぱちんこAKB48が登場しなかったら、今頃どうなっていたでしょうか。こんなことを考えるほど、ぱちんこAKB48は影響力が強い機械だと思う。
from. ジュノンボーイ / 2012/10/15 7:08 PM
AKB48という版権を1種2種混合で出すということ自体、
他のメーカーでは真似できなかったでしょう。
京楽の攻撃力は本当にすごいですね。
from. 大ガス / 2012/10/16 12:37 AM
京楽が強いのは、、、
榎本善紀さんがいるからだと感じています。
うわさ話ですが、
結婚後、現場を見れなかった次期、、、悲惨でした。

1代で築き上げたパチンコメーカーというものの、2代目への移行がちゃんと進んだからだと、、、

そんな京楽も、、、何故にコンバトラーーーー!!!!

意図をおしえてほしぃ。
from. aki / 2012/10/20 12:02 AM
>ジュノンボーイさん
メーカーへ与えた影響は、とんでもないと思います。
ホールさんは二分されていますね。
「思ったより稼働してるね」と普通の反応を示す人と、業界全体の方向性が変わったを考える人。

昨年と比べ、業界全体のアウトは変わっていませんけど、AKBがなかったら、もっと落ち込んでいたんじゃないかと。
from. 吉田 圭志(ボンペイ吉田) / 2012/10/20 1:22 PM
>大ガスさん
おそらく他のメーカーならば、
「1種2種のライトミドルは、ギンパラで失敗したじゃんw」で終わりだったでしょう。実際にそういって却下した人もいるでしょうし。

そして今、1種2種のライトミドルを作れ! となっているかと。
from. 吉田 圭志(ボンペイ吉田) / 2012/10/20 1:26 PM
>akiさん
「榎本善紀」というパーソナリティこそ京楽の強味。
全く異存はありませんけど、果たしてそれはこれからも強味になるのか、否か。

本当に怖いのは、「榎本のために」を「京楽のために」へスライドし、榎本社長抜きでも京楽的な機械を妥協無く作れるようになった場合。これは長く続きますよ。

まぁ、コンバトラーを見る限り、まだまだ先になりそうですけど。
from. 吉田 圭志(ボンペイ吉田) / 2012/10/20 1:30 PM




他者のコメントや他サイトへの批判は削除対象となります